『造花の蜜』連城三紀彦

画像

連城三紀彦の『造花の蜜』を途中まで読みましたが、

誘拐事件だというのに、

緊迫感がない、

臨場感がない、

文章が冗長で、

読んでいて、イライラしてきます。

半分くらいで返却しました。

評価不能ですが、

強いてつければ

☆半分ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック