『ごめん』原田マハ

画像

原田マハの『ごめん』(2008年5月刊)を読みました。

BOOKデータによると、

<範子―偶然目にした詩が、自分たちを捨てた父親の記憶を呼び起こした。陽菜子―意識不明の夫の口座に毎月お金を振りこみ続けていた人物と、ついに対面を。咲子―不倫と新たな恋。病気を告知され、自分の願いがはっきりわかる。麻理子―行方不明の親友と暮らしていたNYのアパートを、7年ぶりに訪れて。―その瞬間、4人の女性は何を決意したのか?『カフーを待ちわびて』から2年。日本ラブストーリー大賞作家が、揺れ動く女性たちを描いた感動小説集。>

とあり、以下四篇の中編小説集です。

 天国の蠅

 ごめん

 夏を喪くす

 最後の晩餐

私には合わない作品です。

「天国の蠅」は、結末に辛うじて救いがあるが・・・

設定に無理があります。

それすらも、それ以外も、文字通り<ごめんなさい>です。

☆一つ半です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック