『空の冒険』吉田修一

画像

吉田修一の『空の冒険』(2010年9月刊)を読みました。

BOOKデータによると

<ままならない現実の中で、その先にある光をめざして進む主人公たちの物語。ANAグループ機内誌『翼の王国』から生まれた、心に寄り添うようなショートストーリーの数々。映画『悪人』の原作者であり、脚本も手がけた著者の制作エピソードも収録。>

とあり、

12編の短編と11篇のエッセー集です。

機内や車内で読むにふさわしい心優しい短編集と、

旅をしたくなるようなエッセー集です。

それだけでそれ以上でもありません。

☆三つ半です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック