『ライアー』大沢在昌

画像

大沢在昌の『ライアー』(2014年4月刊)を読みました。

内容紹介によると、

<愛する者のため、誰もが命懸けで嘘をつく――至高のアクション・ハードボイルド!
優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象人物の「処理」を専門とする工作員。彼女にとって、家庭とは偽りだった。夫が謎の死を遂げるまでは……感情を持たない故に無敵だった彼女が、愛を知るための戦いの幕を開ける。壮絶な騙し合いと殺し合い、その果てに待つ慟哭の真実――大沢アクションの最高傑作。>

とあります。


大沢ワールド炸裂のハードボイルド。

冒頭から上海での事件。

さらに夫の謎の死を追及するわたし。

刑事を巻き込み、

謎だらけの展開。

(「ライアー」って、「嘘つき」という意味なんですね)

意外な結末。

テンポのいい文章。

分厚い本ですが三晩で読み上げました。

堪能しました。

☆五つです。



ライアー / 大沢在昌 オオサワアリマサ 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット単行本出版社新潮社発売日2014年04月ISBN978410333

楽天市場 by ライアー / 大沢在昌 オオサワアリマサ 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック