『劉邦(下)』宮城谷昌光

画像

宮城谷昌光の『劉邦(下)』(2015年7月刊)を読みました。

BOOKデーターによると、

<自らの信念を曲げた劉邦の真意とは?秦王の降伏を受け、劉邦は秦の都・咸陽に入る。しかし、項羽によって劉邦は巴、蜀、漢中の王として左遷されることに。項羽と天下を争うことを決意した劉邦は、関中へ兵を挙げる!宮城谷昌光作家生活25周年記念作品。>

とあります。


項羽と劉邦の対決、

結論は分かっているのだけれども、

緊迫した場面の続出で、

楽しく読めた。

余談だが、

私の高校時代の友人は、

この劉邦の血を引いてるんだって。

☆五つです。



史記の風景(新潮文庫)
新潮社
宮城谷 昌光

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 史記の風景(新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック