『ふくろう』梶よう子

梶よう子の『ふくろう』(2012年6月刊)を読みました。

図書館の内容紹介によると、

<ある日、伴鍋次郎は西丸書院番士に引き立てられるが、両親はなぜか狼狽する。そんな矢先、家で書物の整理をしていると、自分の名前の位牌と、父の昔の日記を見つけ…。『KENZAN!』連載「不苦労」を改題して単行本化。>

とあります。


父が、

かつて、西丸書院番士をしていて、

陰惨・執拗・理不尽な虐めにあっていた。

(この本の大部分を占めている)

読んでいて胸が悪くなるようです。

武士の醜悪さが描き出されています。

最後の部分で、幾分ほっとします。

☆四つ半です。



いろあわせ [ 梶よう子 ]
楽天ブックス
摺師安次郎人情暦 ハルキ文庫 梶よう子 角川春樹事務所発行年月:2013年06月 ページ数:360p

楽天市場 by いろあわせ [ 梶よう子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

柿のへた [ 梶よう子 ]
楽天ブックス
御薬園同心水上草介 集英社文庫 梶よう子 集英社発行年月:2013年09月20日 予約締切日:201

楽天市場 by 柿のへた [ 梶よう子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック