『鼠、影を断つ』赤川次郎

画像

赤川次郎の『鼠、影を断つ』(2011年3月刊)を読みました。

BOOKメーターによると、

<江戸を騒がす義賊・鼠小僧。その昼の顔は“甘酒屋”の次郎吉と呼ばれる遊び人。果たし合いの仲裁をしたり、身投げ娘を助けたり…。弱きを助け、強きをくじく。いなせで気っ風のいい江戸っ子・次郎吉が、妹で小太刀の達人・小袖と共に市井の事件を解決していく、大人気時代小説。>

とあります。


シリーズ第3弾、

残酷な話もサラリと書いて痛快です。

千草先生とお国が登場します。

楽しく一気に読めます。

☆四つ半です。



鼠、滝に打たれる<「鼠」シリーズ> (角川書店単行本)
KADOKAWA / 角川書店
赤川 次郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鼠、滝に打たれる<「鼠」シリーズ> (角川書店単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ひろです
2015年07月18日 10:34
赤川次郎の鼠シリーズ痛快だよね。はまってます、
いま、2冊予約中です。これも予約しなくちゃ。
2015年07月18日 11:06
面白いですねよ~。
第8弾まであるらしいから、全部読む予定です。

この記事へのトラックバック