『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん

三浦しをんの『あの家に暮らす四人の女』(2015年7月刊)を読みました。 BOOKデーターによると、 <謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『細雪』。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『精鋭』今野敏

今野敏の『精鋭』(2015年2月刊)を読みました。 BOOKデーターによると、 <失敗は許されない。敗北も許されない。SATが最後の砦だ!新人警察官の柿田亮は上司の勧めでエリート集団の機動隊を志望するが―著者が初めてSAT(特殊急襲部隊)に挑んだ警察小説。朝日新聞好評連載の単行本化。> とあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『劉邦(下)』宮城谷昌光

宮城谷昌光の『劉邦(下)』(2015年7月刊)を読みました。 BOOKデーターによると、 <自らの信念を曲げた劉邦の真意とは?秦王の降伏を受け、劉邦は秦の都・咸陽に入る。しかし、項羽によって劉邦は巴、蜀、漢中の王として左遷されることに。項羽と天下を争うことを決意した劉邦は、関中へ兵を挙げる!宮城谷昌光作家生活25周年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マル暴甘糟』今野敏

今野敏の『マル暴甘糟』(2014年12月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <「事件発生?嫌だな…」史上最弱(?)の刑事登場! 撲殺事件の裏にあるのは暴力団の抗争か、半グレの怨恨か―― 弱気な刑事の活躍ぶりに笑って泣ける、著者会心作! 甘糟達夫は、35歳の巡査部長。北綾瀬署刑事組織犯罪対策課に所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『なきむし姫』重松清

重松清の『なきむし姫』(2015年7月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <夫の単身赴任、厄介なママ友、学級崩壊……二児の母、アヤの奮闘を描くさわやかな長編。 霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鼠、影を断つ』赤川次郎

赤川次郎の『鼠、影を断つ』(2011年3月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <江戸を騒がす義賊・鼠小僧。その昼の顔は“甘酒屋”の次郎吉と呼ばれる遊び人。果たし合いの仲裁をしたり、身投げ娘を助けたり…。弱きを助け、強きをくじく。いなせで気っ風のいい江戸っ子・次郎吉が、妹で小太刀の達人・小袖と共に市井の事件…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『友罪』薬丸岳

薬丸岳の『友罪』(2013年5月刊)を読みました。 読書メーターによると、 <「凶悪犯罪を起こした過去を知ってもなお、友達でいられますか?」─ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、満を持して「少年犯罪のその後」に挑む、魂のエンタテイメント長編。> とあります。 ハラハラしながら読みました。 いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『豹変』今野敏

今野敏の『豹変』(2015年6月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <都内の中学校で、三年生の佐田が同級生の石村を刺す事件が起きた。所轄署の取り調べで佐田は、老人のような口調で「邪魔をしたから懲らしめたのだ」と語り、係員を簡単に振り切り警察署から姿を消してしまうのだった。被害者の石村を訪ねた警視庁の富野は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『出世花』高田郁

高田郁の『出世花』(2010年4月11刷)を読みました。 BOOKメーターによると、 <「不義密通を犯した妻の血を引く娘に、なにとぞ善(よ)き名前を与えてくださらぬか」幼いお艶(えん)と共に妻敵(めがたき)討ちの旅に出て六年、江戸近郊で無念の死を遂げた矢萩源九郎(やはぎげんくろう)が寺の住職に遺した言葉である。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ふくろう』梶よう子

梶よう子の『ふくろう』(2012年6月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <ある日、伴鍋次郎は西丸書院番士に引き立てられるが、両親はなぜか狼狽する。そんな矢先、家で書物の整理をしていると、自分の名前の位牌と、父の昔の日記を見つけ…。『KENZAN!』連載「不苦労」を改題して単行本化。> とあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『強襲』フェリックス・フランシス

フェリックス・フランシスの『強襲』(2015年2月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <ファイナンシャル・アドバイザーのフォクストンは首の骨折で引退を余儀なくされた元競馬騎手。グランドナショナル観戦に出かけたところ、彼の真横で同僚のハーブが射殺された。プロの仕業と思しき手口だが、殺される理由には皆目見当が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鼠、江戸を疾る』赤川次郎

赤川次郎の『鼠、江戸を疾る』(2004年12月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <「表」の顔は、「甘酒屋次郎吉」と呼ばれる遊び人。しかし、その「裏」は、江戸で噂の盗賊・鼠小僧。一介の盗賊に過ぎないが、正義とやらにこだわって、一文にもならない事件に首を突っ込んでしまう。それもみな、江戸が故郷だから。この町で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more