テーマ:三浦しをん

『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん

三浦しをんの『あの家に暮らす四人の女』(2015年7月刊)を読みました。 BOOKデーターによると、 <謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『細雪』。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ふむふむ おしえて お仕事!』三浦しをん

三浦しをんの『ふむふむ おしえて お仕事!』を読みました。 BOOKデーターによると、 <なんだかまた、面白い人に会ったぞ! 技と熱(パッション)を持って働く16人の女性たち。著者初の人物探訪記。 「物語」を宿さぬ人はいない。聞いてみたい、それも仕事のことを。靴職人、ビール職人、漫画アシスタント、フィギュア企画開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白蛇島』三浦しをん

三浦しをんの『白蛇島』(2001年12月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <悟史が帰省した拝島。十三年ぶりの大祭でにぎわうその島は不穏な空気に包まれていた。島民に異常に忌まれる怪物「あれ」が出たというのだ…。淫靡な香り漂う夏の夜の冒険物語。> とあります。 三浦しをんの珍しい怪異談。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『神去なあなあ夜話』三浦しをん

三浦しをんの『神去なあなあ夜話』(2012年12月3刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、20歳になった。山仕事にも慣れ、憧れの直紀さんとドライブに出かけたりもするようになったけれど……。 お仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『政と源』三浦しをん

三浦しをんの『政と源』(2013年8月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするが―。弟子の徹平と賑やかに暮らす源。妻子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『月魚』三浦しをん

三浦しをんの『月魚』(2001年5月刊)を読みました。 読書メーターの内容紹介によると、 <「罪」と「再生」の青春小説!! 古書店『無窮堂』の店主・本田真志喜と幼馴染で「せどり屋」の瀬名垣太一。田舎町の旧家に買い付けに行った先で出会った人物は、二人の「罪」を呼び起こした。新進気鋭の女性作家が描く「罪」と「再生」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『格闘する者に○』三浦しをん

三浦しをんの『格闘する者に○』(2000年4月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <藤崎可南子は就職活動中。希望は出版社、漫画雑誌の編集者だ。ところがいざ活動を始めてみると、思いもよらないことばかり。「平服で」との案内に従って豹柄ブーツで説明会に出かけると、周りはマニュアル通りのリクルートスーツを着た輩ばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『私が語りはじめた彼は』三浦しをん

三浦しをんの『私が語りはじめた彼は』(2004年5月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <あっという間にアカの他人。でも実はまだ切れていない、「彼」と私の仲。それぞれの「私」は闇を抱える、「彼」の影を引きずりながら。男女の営みのグロテスクな心理を描く“関係”小説。> とあります。 この作家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『仏果を得ず』三浦しをん

三浦しをんの『仏果を得ず』(2007年12月3刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春の物語。『小説推理』の連載に加筆修正し単行本化。> とあります。 登場人物がすべて魅力的だった。 文楽の世界で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ロマンス小説の七日間』三浦しをん

三浦しをんの『ロマンス小説の七日間』(2003年11月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、歯も浮きまくる翻訳に奮闘しているところへ、会社を突然辞めた神名が帰宅する。不可解な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『木暮莊物語』三浦しをん

三浦しをんの『木暮莊物語』(2010年11月3刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。空き室あります!安譜請ですが、人肌のぬくもりと、心地よいつながりがあるアパートです。うまい、深い、面白い。三拍子揃った会心作。> とあります。 木暮莊というアパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『舟を編む』三浦しをん

三浦しをんの『舟を編む』(2011年4月10刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『神去なあなあ日常』三浦しをん

三浦しをんの『神去なあなあ日常』(2009年6月3刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『光』三浦しをん

三浦しをんの『光』(2008年11月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。あの秘密の記憶から、今、新たな黒い影が生まれようとしていた―。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『天国旅行』三浦しをん

三浦しをんの『天国旅行』を読みました。 BOOKデータによれば、 <そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き残った男の記憶…光と望みを探る七つの傑作短篇。> とあります。 三作ほど読みま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『風が強く吹いている』三浦しをん

三浦しをんの『風が強く吹いている』(1009年7月5刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『星間商事株式会社社史編纂室』三浦しをん

三浦しをんの『星間商事株式会社社史編纂室』(2009年7月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む―。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに?風雲急を告げる社史編纂室。恋の行方と友情の行方は、五里霧中。さらには、コミケで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『まほろ駅前番外地』三浦しをん

三浦しをんの『まほろ駅前番外地』(2012年5月7刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <「まほろ」の愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語をはじめ、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー全7編を収録。『別冊文藝春秋』連載を書籍化。> とあり、以下の七編です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『きみはポラリス』三浦しをん

三浦しをんの『きみはポラリス』(2007年6月2刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <初恋、禁忌、純愛、結婚、信仰、偏愛、同性愛…。世間の注目も、原稿の注文も「恋愛」のことばかり。なら、とことん書いてやろうじゃないの! ということで生まれた、恋愛小説の名手が紡ぐ、11の「恋愛」の形。> とあり、以下の11編です。  永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『むかしのはなし』三浦しをん 

『むかしのはなし』三浦しをん 幻冬舎 2005/2/25 出版 以前、同作者の『まほろば駅前多田便利軒』を読んで、 面白かったので、二番目にこれを選んでみました。 図書館の内容説明によると、 <人は変化する世界を言葉によって把握する。どんな状況におい ても、言葉を媒介に誰かと繋がっていたいと願う…。 語られることによって生き延び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more