テーマ:佐々木譲

『ユニット』佐々木譲

佐々木譲の『ユニット』(2003年10月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <十七歳の少年に妻を凌辱され、幼女とともに殺された男。警察官である夫の家庭内暴力に苦しみ、家を飛び出した女。仕事を探していた二人は、同じ職場で働くことになる。ある日、妻子を殺した少年の出所を知った男は復讐を決意。一方、女には夫の執…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地層捜査』佐々木譲

佐々木譲の『地層捜査』(2014年7月刊)を読みました。 BOOKデーターによると、 <無能なキャリアに歯向かって謹慎となった若き刑事・水戸部は迷宮入り事件を担当する「特命捜査対策室」に配属された。15年前の四谷荒木町の殺しを再捜査せよ。専従捜査員は水戸部ただ一人。退職刑事を相棒に、水戸部は町の底に埋もれた秘密と嘘に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女王陛下のアルバイト探偵』佐々木譲

佐々木譲の『女王陛下のアルバイト探偵』(1996年7月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <内閣調査室副室長からオチコボレ親子探偵、冴木涼介・隆の事務所へ来日した東南アジアの島国ライールの王女ミオの護衛依頼がきた。だが、政情不安、王位継承で謀略渦巻くお国柄。政府筋に雇われた殺し屋が隆たちを狙った暗躍しはじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『婢伝五稜郭』佐々木譲

佐々木譲の『婢伝五稜郭』(2011年1月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <明治2年、箱館戦争の最終局面。若き看護婦の朝倉志乃はこころを寄せる青年医師・井上青雲を眼前で官軍によって惨殺された。「わたしの戦」はここから始まった。女であり敗者でもある志乃が生きた、すがすがしく豊かな箱館戦争後日談小説。> …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『人質』佐々木譲

佐々木譲の『人質』を読みました。 BOOKデータによると、 <「謝ってほしいんです。あのときの県警本部長に。ぼくが要求するのはそれだけです」5月下旬のある日。生活安全課所属の小島百合巡査部長は、以前ストーカー犯罪から守った村瀬香里との約束で、ピアノのミニ・コンサートへ行くことになっていた。香里よりひと足先に、会場であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『密売人』佐々木譲

佐々木譲の『密売人』(2011年8月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <10月の北海道で、ほぼ同時期に3つの死体が発見された。また、女子児童が連れ去られる事件も起きる。次に自分の協力者が狙われると直感した佐伯警部補は、ひとり裏捜査を始めるが…。道警シリーズ第5弾。> とあります。 広範囲で、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『警官の紋章』佐々木譲

佐々木譲の『警官の紋章』(2008年12月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『牙のある時間』佐々木譲

佐々木譲の『牙のある時間』を読みました。 BOOKデータによると、 <北海道の小さな町に移住したイラストレーター夫妻が、隠遁した謎の農場主に出会った時、何かが動き始めた。退廃と官能の嵐のなかで暴力と死が姿を現わす。森のむこうから死滅したはずの娘の叫びが聞こえてくる。満月の夜にいったい何が起こったのか。二重視点で描く斬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『暴雪圏』佐々木譲

佐々木譲の『暴雪圏』(2009年2月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <咆哮する雪嵐、次々と麻痺する交通網。氷点下の密室と化したペンションに、それぞれの事情を隠した逃亡者たちが吹き寄せられた。町にいたたったひとりの警察官、川久保が下した極限の決断とは…。> とあります。 爆弾低気圧の吹雪のす…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『制服捜査』佐々木譲

佐々木譲の『制服捜査』(2006年3月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <警察官人生二十五年。不祥事をめぐる玉突き人事のあおりで、強行犯係の捜査員から一転、単身赴任の駐在勤務となった巡査部長の川久保。「犯罪発生率、管内最低」の健全な町で、川久保が目撃した荒廃の兆し、些細な出来事。嗅ぎつけた“過去の腐臭”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『飛ぶ想い』佐々木譲

佐々木譲の『飛ぶ想い』(1995年11月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <1年前に自分の前から去った靖夫が、リノで詐欺罪の疑いで拘置され、弁護士が8千ドルの供託金の立て替えを打診して来た。弘美はニューヨークから彼に面会に行く…。欲望と夢のかけらが織りなす男女の物語5編を収録。> とあり、以下の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『警官の血 下巻』佐々木譲

佐々木譲の『警官の血 下巻』(2007年9月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <過激派潜入の任務を果たした民雄。だが、父の死の真相を掴みかけた民雄に銃口が向けられる。そして息子の和也も警官となり、特命を受ける。半世紀を経て、和也が辿りついた祖父と父の死の真実とは-。警察官三代の運命を描く。> とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『警官の血 上巻』佐々木譲

佐々木譲の『警官の血 上巻』を読みました。 BOOKデータによると、 <帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。配属は上野警察署。戦災孤児、愚連隊、浮浪者、ヒロポン中毒。不可解な「男娼殺害事件」と「国鉄職員殺害事件」。ある夜、谷中の天王寺駐在所長だった清二は、跨線橋から転落死する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『廃墟に乞う』佐々木譲

佐々木譲の『廃墟に乞う』(2009年7月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <ニセコの貸し別荘で見つかった女性の絞殺死体。仙道孝司はオーストラリア人と日本人不動産会社との確執に事件解決の鍵を見出す。「オージー好みの村」など、休職中の道警刑事、仙道が北海道の全域を駆け回る連作小説集。> とあり、以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巡査の休日』佐々木譲

佐々木譲の『巡査の休日』(2009年10月刊)を半分読みました。 図書館の内容紹介によると、 <小島百合巡査は、村瀬香里のアパートに侵入した強姦殺人犯の男を逮捕するが、男は脱走し行方不明に。1年後、香里に脅迫メールが届く。必死の捜索にもかかわらず、小島たちを嘲笑うかのように不気味なメールが何度も届き…。> とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more