テーマ:池波正太郎

『さむらい劇場』池波正太郎

池波正太郎の『さむらい劇場』(2012年4月67刷)を読みました。 BOOKデータベースによると、 <酒と女に溺れ家中の鼻つまみものである榎平八郎は二十一歳。七百石の旗本の三男に生れながら妾腹の子ゆえ家来にまで蔑まれている。ある夜女を抱いた帰途、何者かに襲われる。やがて、それは彼を疎む父親の命であることが判明する。徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『仇討ち』池波正太郎

仇討、討つ者も討たれる者も、 それぞれ事情があり、 多くは悲惨な末路を迎える。 冷徹な目でとらえて描いた 八編の短編集です。 ☆四つです。 熊田十兵衛の仇討ち双葉社池波 正太郎ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more