テーマ:大沢在昌

『雨の狩人』大沢在昌

大沢在昌の『雨の狩人』(2014年7月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <新宿のキャバクラで、不動産会社の社長が射殺された。捜査に当たった新宿署の刑事・佐江と警視庁捜査一課の谷神は、その事件の裏に日本最大の暴力団である高河連合の影があることを突き止める。高河連合最高幹部の延井は、全国の暴力団の存亡をも左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ライアー』大沢在昌

大沢在昌の『ライアー』(2014年4月刊)を読みました。 内容紹介によると、 <愛する者のため、誰もが命懸けで嘘をつく――至高のアクション・ハードボイルド! 優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象人物の「処理」を専門とする工作員。彼女にとって、家庭とは偽りだった。夫が謎の死を遂げるまでは……感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『海と月の迷路』大沢在昌

大沢在昌の『海と月の迷路』(2013年9月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <海に浮かぶ「密室」殺人者はここにいる。昭和34年。満月の夜に不審な死を遂げた少女。若き警察官が追うものは殺人鬼の“幻影”か。わずかな土地に五千人がひしめく炭坑の島。少女の事故死を疑う若き警察官・荒巻の“許されざる捜査”は、しきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『眠りの家』大沢在昌

大沢在昌の『眠りの家』(1996年8月9版)を読みました。 BOOKデータによると、 <学生時代からの友人潤木と吉沢は、外房のひとけのない磯の先端に奇妙な建物を発見した。前面は絶壁の荒磯、背後は通行もままならぬ深い山が迫っている。見ようによっては軍の施設にも見えた。いったい誰が、何のために作ったものなのか?興味を持った彼らは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『氷の森』大沢在昌

大沢在昌の『氷の森』(1989年4月刊)を読みました。 内容紹介によると、 <冷血――冷酷とも残酷ともちがう。自分を利するためなら、なんのためらいも恐怖もなく、人を殺すことができる――そんな敵に対して、男はたった1人で戦いを挑んだ。男の名は緒方、麻薬取締官の前歴を持ち、六本木を拠点とする私立探偵である。自らの存在を賭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『追跡者の血統』大沢在昌

大沢在昌の『追跡者の血統』(1997年6月5刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <広尾の豪華マンションに住み、女と酒とギャンブルとスポーツでその限りない時間を費す六本木の帝王・沢辺が、突如姿を消した。失踪人調査のプロで、長年の悪友佐久間公は、彼の妹からの依頼を受け調査を開始した。“沢辺にはこの街から消える理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『雪蛍』大沢在昌

大沢在昌の『雪蛍』(1996年4月2刷)を読みました。 BOOKデータによると、 <薬物中毒者の相互更正補助施設「セイル・オフ」に、あらゆる感情が「死んで」いる男が入所してきた。男と向き合おうとする佐久間公に、再び「探偵」としての依頼がなされる。十七歳の家出少女を捜して欲しいという。当然、ただの「家出」ではなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『闇先案内人』大沢在昌

大沢在昌の『闇先案内人』(2001年9月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <追手の届かない闇先へ。過去も本名も捨てて生きる「逃がし屋」葛原に託された重要人物の行方。国際政治の表と裏、あまりに哀しい愛情、追いつ追われつ、プロの誇りをかけた凄絶なる死闘の幕が上った。> とあり、ハードカバー、上下二段組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『罪深き海辺』大沢在昌

大沢在昌の『罪深き海辺』(2009年7月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <財政破綻寸前の港町に突然現れた、大地主の遺産相続人。激化する暴力団の攻防、相次ぐ不審死、進出企業の陰謀…。敵か味方か。老刑事は命がけで「禁断の事件」の真相に挑む。『サンデー毎日』連載に加筆修正し単行本化。> とあります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『流れ星の冬』大沢在昌

大沢在昌の『流れ星の冬』(1994年9月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <最愛の妻はすでに亡くなり、たったひとりの子供も独立をしている。大学教授・葉山英介は平穏な人生の冬を送ることになるはずだった。しかし、彼は他人には話すことのできない「過去」を背負っていた。そして四十年の歳月を経て、にわかにその「過去…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『魔女の笑窪』大沢在昌

大沢在昌の『魔女の笑窪』(2006年1月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <東京で裏稼業のコンサルタントをする水原。彼女には、掟破りの島抜けをしたという、誰にも言えない過去があった-。迫り来る「地獄島の番人」。東京裏社会を舞台に必死の逃亡劇がいま始まる! 『オール讀物』連載を単行本化。> とありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』大沢在昌

大沢在昌の『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』(2011年7月2刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <やくざも恐れる伝説的アウトローが「警察官を殺す」との情念を胸に長期刑を終え新宿に帰ってきた。強烈な存在感を放つその男を阻止すべく、新宿署刑事・鮫島は捜査を開始するが…。『ほぼ日刊イトイ新聞』連載を単行本化。> とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パンドラ・アイランド』大沢在昌

大沢在昌の『パンドラ・アイランド』(2004年6月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <南海の孤島に「保安官」として赴任した元刑事。いつしか島の「秘密」に巻き込まれ…。『東京中日スポーツ』連載「海と拳銃」を改題し、大幅に加筆訂正して単行本化。> とあります。 南海の孤島・青国島に赴任して間もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鏡の顔』大沢在昌

大沢在昌の『鏡の顔』(2011年4月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <鏡越しに対峙した男の背後から現れた女性に、フォトライター沢原は息を呑んだ…。表題作をはじめ、鮫島、佐久間公、ジョーカーなど、人気キャラクターが活躍する短篇12篇を収録。> とあり、以下の12編です。  夜風    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『やぶへび』大沢在昌

大沢在昌の『やぶへび』(2010年12月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <金なし女なしで迎えた、元刑事・甲賀悟郎40歳の年末。そこに「奥さんを保護しました」という電話が。借金苦で戸籍を売り偽装結婚した中国人女性が、記憶喪失の疑いがあるという。悟郎は「見知らぬ妻」と初めて会うことに…。> とありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ジョーカー』大沢在昌

大沢在昌の『ザ・ジョーカー』を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <着手金は100万。仕事は「殺し」以外のすべて…。私立探偵にも逃がし屋にも依頼できないトラブルを、たったひとりで引き受ける最後のプロフェッショナル「ジョーカー」。東京の闇と、そこで生きる男のプライドを描く。> とあります。 前に読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『亡命者 ザ・ジョーカー』大沢在昌

大沢在昌の『亡命者 ザ・ジョーカー』(2007年9月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <ジョーカーのもとに、長身白髪の英国人男性が訪れた。彼は20年以上前、ジョーカーが先代を継いで二代目となった初仕事の依頼人だった…。裏世界を生きるトラブルシューターのプライドと美学を描く、シリーズ第2弾。> とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鮫島の貌 新宿鮫短編集』大沢在昌

大沢在昌の『鮫島の貌 新宿鮫短編集』(2012年1月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <新宿署異動直後の鮫島を襲う危機を描く作品、腐った刑事や暗殺者との対決、人気コミックのキャラクターが登場する異色作、シリーズ作のサスペンスフルな後日談など、「鮫」にしかない魅力を凝縮した全10作。> とあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カルテット4 解放者』大沢在昌

大沢在昌の『カルテット4 解放者(リベレイター)』を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <大勢の若者を集めてゲリラ的に行われる野外DJイベント「解放区」と、破壊工作を繰り返す一団「リベレイター」。そのふたつに接点を見出したクチナワは、「解放区」への潜入捜査を命じ…。『野性時代』連載を書籍化。> とあり、「カルテッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カルテット1 渋谷デッドエンド』大沢在昌

大沢在昌の『カルテット1 渋谷デッドエンド』(2010年12月30日刊)を読みました。 2と3を先に読みましたが、これはこれで面白いですね。 人物設定が奇抜でユニークです。 状況描写も巧みです。 3時間ほどで一気に読みました。 ☆四つです。 カルテット1 渋谷デッドエンド角川書店(角川グループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラックチェンバー』大沢在昌

大沢在昌の『ブラックチェンバー』(2010年3月刊)を読みました。 532ページの大作です。 登場人物が次第に増えて、私は混乱しました。 後記を先に見てしまったので、途中でネタバレ? ちょっと失敗でした。 最初から、ハードボイルドタッチで、一気に読ませます。 ☆四つです。 黒の狩人 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カルテット 2 3』大沢在昌

大沢在昌のカルテットの2.3巻を読みました。 図書館の予約の関係で、1巻の前に来てしましました。 これだけ読んでも、話はつながります。 会話が生き生きして素晴らしいです。 四人のキャラクターがいいですね。 でも、読書に集中できません。 心臓の検査の結果がすっきりしません、 今月末、また24時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Kの日々』大沢在昌

大沢在昌の『Kの日々』(2006年11月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <消えた身代金、残された恋人の亡骸、事件の鍵を握る謎の女「K」。彼女は死んだ男を想い続ける聖女か、それとも金に魂を売った悪女か? 裏の探偵が、闇に葬られた誘拐事件の真相を追う。『週刊大衆』連載を単行本化。> とあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『狼花 新宿鮫Ⅸ』大沢在昌

大沢在昌の『狼花 新宿鮫Ⅸ』(2006年10月3刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <日本国のあり方を問う大事件の発端は、ナイジェリア人のささいな喧嘩だった…。国際犯罪者、エリート警官、不法滞在の中国人女性、それぞれの思惑と野望に、孤高の刑事・鮫島が迫られる「究極の決断」とは? シリーズ第9弾。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『天使の牙』大沢在昌

大沢在昌の『天使の牙』(1995年7月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <女刑事・アスカと鬼刑事・仁王のコンビが麻薬組織と激突するノンストップ・ラブサスペンス。「新宿鮫」から5年。直木賞作家の警察小説の新たな地平がここにある。> とあります。 アスカが麻薬組織の女を保護するために出かけて、警察の内部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新宿鮫風化水脈』大沢在昌

大沢在昌の『新宿鮫風化水脈』(2000年9月2刷)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <流された血。凍りついた時間。誰ひとり、刻印された過去から逃れることはできない。この街で生きている限り…。人気刑事小説・新宿鮫シリーズ。『毎日新聞』連載を単行本化。> とあります。 ブログの5月13日に、一度取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『灰夜 新宿鮫Ⅶ』大沢在昌

大沢在昌の『灰夜 新宿鮫Ⅶ』(2001年2月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <冷たい闇の底、目覚めた檻の中で、鮫島の孤独な戦いが始まった-。理不尽な暴力で圧倒する敵、警察すら頼れぬ見知らぬ街、底知れぬ力の影が交錯する最悪の状況下、鮫島の熱い怒りが弾ける。シリーズ第7弾。> とあります。 嘗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『炎蛹 新宿鮫Ⅴ』大沢在昌

大沢在昌の『炎蛹 新宿鮫Ⅴ』(1995年10月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <連続殺人の捜査を行っていた鮫島は、植物防疫官・甲屋の訪問を受けた。「恐怖の害虫」のサナギが、被害者によって南米から持ち込まれたという。消えたサナギを追って鮫島と甲屋の闘いが始まる。待望のシリーズ新作書き下ろし。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『氷舞 新宿鮫Ⅵ』大沢在昌

大沢在昌の『氷舞 新宿鮫Ⅵ』(1997年10月刊)を読みました。 裏表紙の説明によると、 <西新宿のホテルで元CIAの米人ブライドが殺され、新宿署・鮫島の追う日系コロンビア人・ハギモリが消えた。事件の鍵を握る平出組の前岡に迫る鮫島、しかし、事件に関するすべてが、なぜか迅速強固な公安警察に壁に閉ざされる。その背後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新宿鮫 無間人形』大沢在昌

大沢在昌の『新宿鮫 無間人形』1994年4月 39刷)を読みました。 わずか半年で39刷です、すごい売れ行きですね。 なお、この作品で直木賞受賞です。 図書館の内容紹介によると、 <新宿の街の闇でひそかに「アイスキャンディ」と呼ばれる新型 の覚醒剤が売られていた。その密売ルートを追う鮫島の前に立ち はだかる暴力団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more