テーマ:石田衣良

『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』石田衣良

石田衣良の『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』(2014年9月刊)を読みました。 BOOKメーターによると、 <あのタカシがいかに氷のキングになったか? 誰にだって忘れられない夏の一日があるよな--。高校時代のタカシにはたったひとりの兄タケルがいた。スナイパーのような鋭く正確な拳をもつタケルは、みなから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『憎悪のパレード 池袋ウエステゲートパークⅪ』石田衣良

石田衣良の『憎悪のパレード 池袋ウエステゲートパークⅪ』(2014年7月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <脱法ドラッグ、架空通貨、ヘイトスピーチ。起こるトラブルは変わってもマコトたちは変わらない…。I/W/G/Pシリーズ第11弾。『オール讀物』連載を書籍化。> とあり、以下の四篇で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『やくそく』石田衣良

石田衣良の『約束』(2004年7月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <もういちど、生きよう-。苦しみから立ちあがり、うつむいていた顔をあげて、まっすぐに歩きだす人々の姿を色鮮やかに切りとった短篇集。『KADOKAWAミステリ』『野性時代』掲載をまとめて単行本化。> とあり、以下の七編です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北斗 ある殺人者の回心』石田衣良

石田衣良の『北斗 ある殺人者の回心』(2012年10月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <幼少時から両親に激しい暴力を受けて育った端爪北斗。誰にも愛されず、誰も愛せない彼は、父が病死した高校一年生の時、母に暴力を振るってしまう。児童福祉司の勧めで里親の近藤綾子と暮らし始め、北斗は初めて心身ともに安定した日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『エンジェル』石田衣良

石田衣良の『エンジェル』を途中で放棄しました。 BOOKデータによると、 <夏の夜、自分自身の埋葬を目撃したゲームソフト会社のオーナー・掛井純一。何者かに殺され、「幽霊」として甦った彼は、失われた記憶と自らの死の謎の解明に挑むが…。> とあります。 霊となって、浮遊し、 霊力を育てて、電気をつけたり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

半読二冊

石田衣良の『波の上の魔術師』と 道尾秀介の『ラットマン』の 二冊。 12月から借りていたけど、読み切れなかった。 読書メーターで、読んだ人の感想を読むと、 結構おもしろそうだったけど・・・・ たまにはしょうがないかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チッチと子』石田衣良

石田衣良の『チッチと子』(2009年10月刊)を読みました。 BOOKデータによると、 <つぎに「くる」といわれ続けて10年の万年初版作家・青田耕平は小学生の息子と二人暮らし。将来への不安は募るばかりだが、ついに直木賞の候補に選ばれる。周囲の変化に戸惑う耕平。だが一方で3年前に不可思議な交通事故で死んだ妻を忘れること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『カンタ』石田衣良

石田衣良の『カンタ』(2011年9月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <携帯ゲーム会社を設立し一躍時代の寵児となった耀司。事業拡大のため企業買収にのりだすが、マネーゲームに翻弄され命を狙われる。親友・耀司を守るため、カンタはある決意のもと沖縄へ旅立つ。『別册文藝春秋』連載を書籍化。> とあります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『スイングアウト・ブラザース』石田衣良

石田衣良の『スイングアウト・ブラザース』(2012年1月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <ほぼ同時に彼女に振られて失意のどん底にある3人は、大学時代の同級生。あこがれていた先輩・美紗子が始めた男性向けエステに通い、見た目だけでなく内面も磨き上げ、モテ男を目指すが…!? 『小説宝石』連載を単行本化。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『明日のマーチ』石田衣良

石田衣良の『明日のマーチ』(2011年6月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <迷いなんて吹き飛ばせ! 突然派遣切りされた4人の青年は、山形県の鶴岡から東京まで600キロ、1ケ月の徒歩の旅に繰り出した。『小説新潮』連載を加筆訂正し単行本化。> とあります。 奇想天外の着想で、 四人のキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『親指の恋人』石田衣良

石田衣良の『親指の恋人』(2008年2月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <みんな、さよなら。格差、さよなら。ぼくたちは永遠に結ばれます-。大学3年生の江崎澄雄は、出会い系サイトでメールのやり取りをかさねたジュリアと恋に落ちた。しかし、お互いの環境や境遇は極端なまでに違っていて…。> とあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PRIDE 池袋ウエストゲートパークⅹ」石田衣良

石田衣良の「PRIDE 池袋ウエストゲートパークⅹ」(2010年12月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <4人組の暴行魔を探してほしいという美女の依頼で調査を始めたマコトは、池袋で注目を集めるホームレス自立支援組織に疑いを抱き…。I W G Pシリーズ第10弾。『オール讀物』連載を書籍化。> とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ』石田衣良

石田衣良の『ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ』(2009年8月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <茨城の奴隷工場から中国人少女が脱走した。彼女が戻らなければ仲間の研修生たちは強制送還される。捜索を頼まれたマコトは、チャイナタウンの裏組織に近づく。I W G Pシリーズ第9弾。『オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『6TEEN』石田衣良

石田衣良の『6TEEN』(2009年9月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <ぎこちない恋。初めての裏切り。リアルさを増してきた未来。 超高層マンションを見上げる月島の路地で、この世界の仕組みを考える…。 高校生になった「4TEEN」の4人を描く。『小説新潮』掲載に書き下ろし を加え書籍化。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ひと粒の宇宙』石田衣良他

石田衣良他の『ひと粒の宇宙』(1009年11月刊)を読みました。 これは、1006年10月に『極上掌編小説』として発行されたものの 改題です。 以下の30編からなるアンソロジーです。 1 ミケーネ いしい しんじ/著 2 おねがい 石田 衣良/著 3 仔犬のお礼 伊集院 静/著 4 永遠の契り 歌野 晶午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『再生』石田衣良

石田衣良の『再生』(2009年4月刊)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <妻を自殺で喪い、息子をひとりで育てるサラリーマン。家族を捨て、後悔の念にさいなまれるラジオディレクター…。彼らの平凡な日常に舞い降りた小さな奇蹟とは? 現代の心の渇きを潤す12話を収録した短編集。> とあり、以下の12編です。  再生  ガラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夜を守る』石田衣良

石田衣良の『夜を守る』(2008年2月20日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <失踪した相棒を捜すダンサー。嫌がらせに悩むヤクザ。 ひきこもりでシンナー中毒のイケメン。商店街をおびやかす “ハイカラ窃盗団”。アメ横の平和を守るため全員集合! 4人のガーディアンの青春を描くストリートミステリー。> とあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『5年3組リョウタ組』石田衣良

石田衣良の『5年3組リョウタ組』(2008年1月11日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <大人の自覚はあるけれど、ふと気がつけば子どもと同じ目線-。 25歳。茶髪イマドキ熱血系。希望の丘小学校5年3組の担任教師、 リョウタ先生の奮闘を描いた、泣けるほどリアルで、痺れるほど みずみずしい教育&青春小説。> とあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『下北サンデーズ』石田衣良

石田衣良の『下北サンデーズ』(2006年7月25日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <春から大学生になる里中ゆいかは、芝居のおもしろさを 生まれて初めて教えてくれた劇団「下北サンデーズ」 に入るのが夢で…。演劇の街・下北沢を舞台に贈る、 弱小劇団奮闘グラフィティ! 『パピルス』連載を単行本化。> とあります。 わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『愛がいない部屋』石田衣良

石田衣良の『愛がいない部屋』を半分読みました。 図書館の内容紹介によると、 <舞台は神楽坂に建つタワーマンション「メゾン リベルテ」。 自由の家という名のマンションに住む、そう自由ではない 人々の暮らしを、すこしだけリアルに描いた10篇の恋愛短篇集。 『小説すばる』での連作をまとめて書籍化。> とありました。 1 空を分ける …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『逝年』石田衣良

石田衣良の『逝年』は途中でやめました。 図書館の内容紹介によると、 <20歳の夏から1年後。娼夫のリョウは、仲間の咲良、 アズマと共にボーイズクラブを再開する-。 この指が、肌が、唇が。一瞬を永遠にかえていく。 小説「娼年」のその後を描き、 性の深淵を清澄に謳いあげる恋愛小説。> とありました。 石田衣良の作品ということと、題名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパークⅧ』石田衣良

石田衣良の『非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパークⅧ』(2008年7月30日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <派遣会社からの日雇い仕事で、その日その日を食いつなぐ フリーターのサトシ。「今のぼくの生活は、自分の責任」 と言いきる彼を、マコトもGボーイズも放っておけず…。 I W G Pシリーズ第8弾。> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『眠れぬ真珠』石田衣良

石田衣良の『眠れぬ真珠』を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <愛は、経験じゃない。恋は、若さじゃない。 45歳の女性版画家と17歳年下のウェイターの青年。 大人の女を少女のように無防備にする、運命の恋…。 昨日よりも今日を生きるすべての人に贈る恋愛長編。> とあります。 「島清恋愛文学賞」受賞作です。 女性版画家には妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『うつくしい子ども』石田衣良

石田衣良の『うつくしい子ども』を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <緑豊かなニュータウンで九歳の女の子の遺体が発見された。 十三歳の少年の補導で事件は解決するが、 関係者にとって本当の苦しみはその時から始まった。 少年の真実と犯行の理由を求めて、 十四歳の兄が困難な調査を開始する。> とあります。 ほとんど、14歳の兄の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『1ポンドの悲しみ』石田衣良

 石田衣良の『1ポンドの悲しみ』(2004年3月10日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <他人のしあわせのためにだけ働くウエディング・プランナー の由紀。本を読む男を好きになる千晶…。 02年刊「スローグッドバイ」に続く恋愛短篇の第2集> とあります。  ふたりの名前  誰かのウエディング  十一月の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再読なのに

石田衣良の『約束』を読みました。 今年の6月20日の記事で、感想を書いています、 二度目なのですが、内容にほとんど記憶がないのです。 部分的に、「ああ、モトクロスの話だったな」などと 思い出すこともあったのですが、その続きは覚えていないのです。 改めて感動しましたが、その反面、 ちょっと背筋が寒くなります(^^) 今日借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『LAST』石田衣良

石田衣良の『LAST』(2003年9月25日発行)を読みました。 図書館の内容紹介によると、 <運転資金に苦しむ町工場主が闇金の返済期日にとった 行動とは? 零細企業のサラリーマンが旧式のテレクラで 垣間見た地獄とは? 追い込まれた7人のそれぞれのラスト を描く短編集。直木賞受賞第一作。> とあります。  ラストライド …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スローグッドバイ』石田衣良

石田衣良の『スローグッドバイ』を読みました。  泣かない  十五分  You look good to me  フリフリ  真珠のコップ  夢のキャッチャー  ローマンホリデイ  ハートレス  線のよろこび  スローグッドバイ 以上の十篇からなっている、 <東京都心を舞台に二十代の男女を中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Gボーイズの冬戦争(池袋ウエストゲートパークⅦ)』石田衣良

 石田衣良の『Gボーイズの冬戦争(池袋ウエストゲートパークⅦ)』を読みました。 例の池袋駅前の果物屋のマコトが、人脈を駆使して、 解決に向かうのです。  「要町テレフォンマン」は、振り込め詐欺グループから 足抜けしたいという青年の依頼。 しかし、その詐欺グループの背後には、暴力団がついているという・・  「詐欺師のヴィーナス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『灰色のピーターパン(池袋ウエストゲートパークⅥ』石田衣良

 石田衣良の『灰色のピーターパン(池袋ウエストゲートパークⅥ)』を読みました。 例の池袋駅前の果物屋のマコトが、人脈を駆使して、 解決に向かうのです。  表題作の「灰色のピーターパン」は、盗撮をビジネスにしている 小学校5年生が依頼人、それがばれて脅迫されているので、 その犯人を撃退してほしいという、ところがその恐喝者には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more