『二重標的』今野敏

画像

今野敏の『二重標的 東京ベイエリア分署』(2006年4月刊 ハルキ文庫)を読みました。

裏表紙によると、

<東京湾臨海署(ベイエリア分署)の安積警部補のことに、殺人事件の通報が入った。若者ばかりが集まるライブハウスで、30代のホステスが殺されたという。女はなぜ場違いと思える場所にいたのか?疑問を感じた安積は、事件を追ううちに同時刻に発生した別の事件との接点を発見。繋がりを見せた二つの殺人標的が、安積たちを執念の捜査へと駆り立てるーー。ベイエリア分署シリーズ第一弾!!>

とあります。

刑事たちの対立もあり、安積の私生活の一部もあり、

事件も頻発し、多忙を極めます。

登場人物の描写がこまやかです。

一気に読ませます。

☆四つ半です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック