『なきむし姫』重松清

画像

重松清の『なきむし姫』(2015年7月刊)を読みました。

BOOKメーターによると、

<夫の単身赴任、厄介なママ友、学級崩壊……二児の母、アヤの奮闘を描くさわやかな長編。
霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼なじみの健。バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて……。子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ! >

とあります。


にんまりし、

ほっこりし、

瞼が熱くなり、

腹立たしくなり、

応援したくなり、

重松清ワールドにどっぷりつかりました。

☆四つ半です。



なきむし姫 [ 重松清 ]
楽天ブックス
新潮文庫 重松清 新潮社BKSCPN_【楽天ブックス夏の文庫2015】 発行年月:2015年06月2

楽天市場 by なきむし姫 [ 重松清 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック