テーマ:高田郁

『出世花』高田郁

高田郁の『出世花』(2010年4月11刷)を読みました。 BOOKメーターによると、 <「不義密通を犯した妻の血を引く娘に、なにとぞ善(よ)き名前を与えてくださらぬか」幼いお艶(えん)と共に妻敵(めがたき)討ちの旅に出て六年、江戸近郊で無念の死を遂げた矢萩源九郎(やはぎげんくろう)が寺の住職に遺した言葉である。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more