テーマ:連城三紀彦

『造花の蜜』連城三紀彦

連城三紀彦の『造花の蜜』を途中まで読みましたが、 誘拐事件だというのに、 緊迫感がない、 臨場感がない、 文章が冗長で、 読んでいて、イライラしてきます。 半分くらいで返却しました。 評価不能ですが、 強いてつければ ☆半分ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連城三紀彦集(大活字本ーほっとミステリーワールド15)

連城三紀彦の「変調二人羽織」「戻り川心中」を読みました。 どちらも何かの賞をもらってるのですが、 前者は所謂探偵小説風で、わずか五人の観客の前で、 二人羽織を演じていた落語家が死ぬという設定で、 あれやこれやと推理していきますが、 どうかなぁと首をひねる作品です。 後者は、夭折した歌人の自殺に絡む心中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more